いんふぉめーしょん

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク-漫画系-(敬称略)

リンク-知人-(敬称略)

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

↑クリックしてくれたら私はくるい もだえるのだ、喜びでな!

123:週間少年ジャンプ30号感想

2008/06/23 (Mon) 13:49
山崎パン採用情報ページの“高卒と大卒の差”が「差別だ」とネットで話題に

これはあからさま過ぎるwwwwwww

実は友達に誘われてバイトで山崎パンの工場に行ったことがあるんですよ。
まさに右の写真の様な格好して黙々と作業やりました。しかも夜勤
………きつかったなぁ(しみじみ


<トリコ>
虹の実編終了
成る程ね~"下っ端の臭い"かぁ…
ゲロにはそんな意味があったとは。
悪臭で鼻を効かなくさせる、とかだと思ってたよ
捕獲レベル9のトロルコングのボスが登場するも
戦わずして圧倒するトリコさん、強すぎ(笑)

今回は小松君がちょっとだけ役に立ちましたね。
だんだん小松君もレベルアップしていくんだろうか?


<ナルト>
良い話をしつつ、さりげなくナルトのアイスを半分奪うイルカ先生は意地汚いってばよ


<ONEPIECE>
大型ルーキーの船長3人による共闘(?)。
何この熱すぎる展開
キッドもローもどうやら能力者らしく、能力の一旦が垣間見れました。
キッドは磁力を使ってそうな雰囲気があるけど、ロー能力が全く分からない
フィールドを形成して首切って砲弾と入れ替えて、何が何やら!

関係ないけど、少し気になったのがセンゴクが部下からの報告を聞いているシーンで
「賞金首は13名まで確認
-内5名は"億越え"のルーキーです」
というセリフがあったんで
あの場で現時点で確認されている賞金首を調べてみました。

『麦わら海賊団』
モンキー・D・ルフィ  : 3億ベリー("億越え"ルーキー)
ロロノア・ゾロ : 1億2000万ベリー("億越え"ルーキー)
ナミ : 1600万ベリー
ウソップ(そげキング) : 3000万ベリー(そげキングとしてなので認知されているか微妙)
サンジ : 7700万ベリー("あの"似顔絵なので認知されているか微妙)
トニートニー・チョッパー : 50万ベリー(物申すぞ!50ベリー)
ニコ・ロビン : 8000万ベリー
フランキー : 4400万ベリー
ブルック : 3300万ベリー

『キッド海賊団』
ユースタス・キッド : 3億1500万ベリー("億越え"ルーキー)
キラー : 1億6200万ベリー("億越え"ルーキー)

『ハートの海賊団』
トラファルガー・ロー : 2億ベリー("億越え"ルーキー)

とまぁ賞金が分かっているだけだとこれぐらいですかね。
億越えルーキー5名は既にいるんで問題ないんですけど
まだこの時点じゃ含まれているか微妙なウソップやサンジを入れても12人なんですよ。
一人足りない。
となるとやっぱりアレですね。
残るは彼しかいませんね。
そう
覇気に顔色一つ変えないクマ


クマです
「そう、賞金首の最後の一人はクマだったんだよ!!!」

ナ ナンダッテー!!
 Ω ΩΩ

(・3・)…ま、普通に考えてレイリーだと思うけどうわ何をするやめr

そのほかにも
黄猿の登場
他の海賊達の動向
服装から暗示されるローとベラミーの関係などなど
見所がありすぎだぜひゃっほい!
こりゃワンピースで退屈する事は当分なさそうですね!

<ダブルアーツ>
"毒殺アブロ"さん。
見事な噛ませ犬っぷり、お疲れ様でしたっ!


<アイシールド21>
遂に右手を使わせたセナ!激熱!
いつまでも舐められてられないぞ!ひゃっほい!


<ToLOVEる>
狙ったようなナース姿のお静ちゃんにスナイプされました
畜生っ!畜生っっっ!


<どかしかでん!>
先輩方大丈夫?
噛ませにならないよね?よね?


<ぼくのわたしの勇者学>
うぇぇええええ!?
槍崎先生、水に上あるいてるのは力じゃどうにもなりませんよ???
右足が落ちる前に左足を出すっていう烈海王歩法ですかーっ!?

あ、最近この漫画が段々好きになってきている自分がいます(笑)


<こち亀>
漫画版日本沈没を見ている身としては
絶対あんな場所には住みたくないです


<バリハケン>
コミケが楽しみですね!!!


<ネウロ>
さすがに「読み方忘れた」は俺もイラッとしたよ、本城さん
暗号はネウロのセリフから考えると
どうやら読者にも解けるらしいんですが
ちょっと考えて全く分からなかったんで諦めました
IQ0男でなんで(^^;;;;;;


<ピューと吹くジャガー>
漫画の中に内包されているコミカリズムを解放しつつ世の中の前衛的ニューヒストリシズムに対するアンチテーゼも含んでいるという繊細でそれでいて高度な表現を前に読者全員が驚きを隠せないであろう今話にはうすた先生のポテンシャルの一旦が垣間見えると言っても過言ではないな…


スポンサーサイト

漫画雑誌感想コメント(0)トラックバック(0)|

↑クリックしてくれたら私はくるい もだえるのだ、喜びでな!

≪前の記事 少年サンデー30号感想
≫次の記事 コンビニが深夜営業を止めたらそれはもうコンビニではない!!!

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。